中野菜食カフェ日記 vegetusを食す   

12月4日(木)は、vegetus が一日カフェとして入ってくれました。
完全菜食料理ですが、フレンチ的にアレンジされると言う事で、Vegetable Heavenのカフェはもとより、ウナカメにも無かったテイストなので、興味津々。ワインもいただきたかったので夕食時間にうかがいました。

b0131574_1234322.jpg前菜、メインは、ベジタリアンハヤシライスか白いんげん豆のクリームとブロッコリーのペンネが選択肢。そしてスィーツの盛り合わせ。素敵なメニューに紹介されていたので、うれしくなってつい 「ぜーんぶ!+お薦めのワイン」とお願いしました。お食事としてはシンプルですが、どれもとても丁寧に作ってあるのが伝わり、一口ごとに美味しい。玄米のハヤシライスってどうかな?と気になったのでわたしはこちらを選択。最初の一口はちょっと緊張しましたが、うん、良い良い。ちまたの菜食屋の玄米カレーよりもずっと美味です。玄米がおいしく炊けていたのと、ドミグラスソース(もちろんveganヴァージョン!)がしっかり手作りされているからでしょうね。上品だけどコクがあり、ご飯が無くなるまで飽きずに楽しみました。お昼抜きだった身にはうれしい限り。

ワイン、「菜食なので白も良いですよ」という店長さんのお薦めにしたがったのが正解。もともと白好きなわたしですが、ハヤシライスときいて赤を選んでしまいそうになったのですが、どっしり感のある白を出してくださったので、赤では味わえなかっただろう新しい雰囲気を楽しみました。固定観念にとらわれず、こんな遊び心のあるフェイントをかけられるのも菜食の良い所ですよね。

b0131574_12341337.jpg一日カフェらしくお皿も店長さんのこだわりの器を使っていて、ちゃーんと宇宙が出来上がっていました。本当に落ち着き心なごむひと時。わたしはコーヒーカップが大好きでした

Sweetsの盛り合わせは、アールグレイのムースがとても良かった。きけば、ヒエを使っているとのこと。そう言えば、前菜にも雑穀を上手に使ったものがあったし。特に理由も無いまま、何となくあまり雑穀を使っていなかったわたしには、とても新鮮でした。食感だけでなく、ヴォリューム感も良くて満足度が更にアップしました。

b0131574_12342833.jpgカフェVegetable Heavenは、徹底した日々のお家ごはんなので、たまにこんな素敵なカフェに入っていただくと、木曜日にもメリハリが出て楽しくなりますね。今回は行けなかったけれど、ぜひ一度食べてみたいという方、どうぞご遠慮なくVHかVegetusさんにリクエストください。また、お招きしましょう。vh-j
vegetus
[PR]

by veggieheaven | 2008-12-09 12:41 | ベジカフェ日記

<< ピカソはロックコンサート? わたしと沢田さんのきわめて私的... >>