国産インディカ米「風」米   

某カレーの伝道師様ご推薦の、「国産インディカ米風米」をやっとゲット。風とつく以上専門的にはインディカ米とは言えないのかな、と首をかしげつつ早速調理。

今回は、インド料理のレシピ本に載っていた揚げなす入ピラフに。ピラフなんて日頃ぜんぜん作らないけれど、ぱらぱらなり具合が見たくて。まず、お米をクローブと一緒に茹でます。そして、やわらかくなったらざるにあげます。この辺はインドネシアのごはんの炊き方と一緒。茹でていると、うん、さすが香り米と言うだけあって部屋中にアジアの香りが立ちこめて、一気に幸せモードに。でもお水を切ったら、あっさりと香も流れてしまいました。この辺はやっぱり日本らしいというか、ほのかで奥ゆかしい香りをかもし出すように出来ているのね。

水切りしたお米をにんにくといっしょに炒める。炒めるとまた少し香りが甦る。そしてあらかじめ、揚げてスパイスをまぶしておいたなすを混ぜ込み塩で味をまとめておしまい。とても簡単、でもめちゃめちゃハイカロリーです。

b0131574_6402451.jpg注目のぱらぱら具合、これはよかった。そしてもっちり感もある。今までバスマティライスと一応表記のあるものをよくインド料理用に使っていたけれど、今回のお米は見た目もかなり違って、丸っこく短め。それでも、立派なインディカ米だそうだ。お米は奥が深いですね。国産米という安心感は捨てがたく、お値段的にはちょっと張るけれど、就かず離れずそばに置いておきたいお米です。問題の香りですが、私的には、もっと強い存在感を出すあちらのお米の方が好きかな。とにかくすぐに香りが逃げていってしまうのですから。その点は使用上の注意にも書いてありますが。使用上の注意と言えば、エスニック風ピラフ向けとありますが、あのもっちり感と言い、どこか中華料理のチャーハンを意識しているような気がしてなりませんでした。

このお米、明日カフェデビューです。明日は炊飯器で炊こうと思います。少しでも香りが残るように。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2008-12-24 06:50 | 日々のお食事

<< わたしと沢田さんのきわめて私的... Christmas Present >>