菜食・ベジタリアン料理教室:すまーか!#1   

ナチュラル菜食料理教室は、今年から「すまーか!」に名前を変えました。smaka はスウェーデン語で「食べてみて」という意味だそうです。名付け親は、スウェーデンに4年住んでいたYちゃん。良い響きの言葉なのでとっても気に入っています。

さて、その1回目は「シンプルなブランチ」がテーマ。年末からお正月へと、ゴージャスなお料理で疲れてしまった身体に優しいお料理を、というのが趣旨でした。出来るだけ油を少なく、調味料なども最小限に。そして簡単にできるお料理をご紹介しました。それは、
ごぼうのバルサミコ炒め
豆腐のスクランブルエッグ風
白菜とドライトマトのスープ
の3つ。今回はライトに仕上げるために、ごぼうやスクランブルエッグ風に入れるほうれん草を軽く下蒸しいたしました。手間じゃない、と思われるかもしれませんが、ここはがまん。短時間で良いのです。無水調理でもOK。蒸して柔らかくなったごぼうは、たたいて繊維をつぶしてから炒めるので短時間調理でも味がしっかりしみ込む。ほうれん草も蒸して水気を絞るので、炒めた時に余分な水気が出ず美味しくなる。など仕上がりに嬉しい効果があります。
b0131574_555015.jpg

「炒り豆腐」と言わせない!豆腐のスクランブルエッグ風へのワタクシの執念、写真から伝わるかしら。いろんな工夫が詰まった自信作です。それから意外にも好評だったのがスープ。白菜、ドライトマト、切り干し大根と良いダシのでる素材をひたすら煮込むだけで、部屋中に暖かみのある良い香りが広がり、みんなにっこり。油は仕上げにオリーブオイルを数滴落とすだけ。市販のスープの元など一切使わないこんなシンプルスープも知っていると便利です。病み上がりの時なども嬉しいし。

ドライトマトやハーブを使ってシンプルなお料理を作る。わたくしのキャラを前面に出させていただいた今回のクラスでした。人数も少なく和気あいあいと楽しい時間になりました。ただフランスパン。おしゃべりがすぎて焼きすぎて硬くなってしまったのが失点。未だに反省しています。参加者さん、本当にごめんなさい。以下、参加者のみなさんの感想です。vh-j
b0131574_5543197.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日のメニューは、材料も少なく簡単なのですぐにでも家でやりたいです。

スパイスのお話も知らなかったので勉強になりました。
バルサミコがんがん使います!

豆腐がスクランブルエッグに変わってびっくり!!!です。見た目も味もおいしかったです。

ハーブやドライトマト、バルサミコなどの使い方やポイントなどを教えていただき大満足。これから我が家でも活躍出来そうです。

冷蔵庫で眠っていた調味料たちの復活です。うれしいです。
[PR]

by veggieheaven | 2009-01-29 06:08 | 料理教室

<< 中野菜食カフェ 日記 中野菜食カフェ 日記 >>