N.Y.のローフードシェフDanさんのクラスに参加する   

13日(日)にローフードなお友達Aya-kkaさん主催の料理教室に参加してきました。
今回はスペシャルで、なんとN.Y.のローフードレストラン、あのQuintessenceのシェフDanさんを招いてのクラス。「すごいなぁ、私なんかとはやる事が違う。」と感心しつつ会場へ。と言ってもご自宅の一部をキッチンスタジオに改装していらっしゃるのですよ。これまた、すごーい!!と感心。ローフードを広めたいという彼女の並々ならぬ情熱が伝わります。ご本人はとってもに静な方ですが、内に秘めたる思い、気合いが丁寧に準備されて始まるのを待つばかりのキッチンの空気からしっかりと感じられました。

b0131574_22391752.jpg今回初めてお目にかかったDanさんですが、この方その世界では有名です。わたしがN.Y. に居た頃はローフードカフェはQuintessenceしかなくて、食べに行きました。初めて人の作るローフードを食べたのもあのカフェでした。そのせいか最初から最後まで、彼のやる事言う事全て「あー懐かしい」という思いでいっぱいになりながら聞いておりました。デモのクラスなので、コッテコテのN.Y. ローフードって感じの物を作っていただきました。わたしは西海岸のローフードを食べたことが無いので、もしかしたらアメリカのローフードってみんなこんな感じなのかもしれない。それは判りませんが。ご覧下さいまし、この色どり。味もメキシカンチリあり、五香粉あり、レモングラスありと世界一周旅行状態です!あ、ケーキに添えられたクリームはアボカドベースです。念のため。
b0131574_224106.jpg
あー懐かしい。まるで、実家に戻ってご飯を食べさせてもらっているみたいな。きっとわたしも日本に戻ってきた当初は、極々当たり前にこんな感じのローフードばかり作っていたんだろうなぁ。今のわたしはちょっと頑張らないとこんなのは作れません。その意味で久しぶりのクラスは楽しかったです。眠っていた、強制的に眠らせていたものを起こされたみたいです。

はるばる日本まで来てくれたDanさんとYammyさんへの感謝もさることながら、主催者のAya-kkaさんにも大感謝です。あなたのような方がいるから、ブームに踊らされない私たちのローフードはこれからも育っていくのです。

「あー懐かしい、懐かしい」
とまだつぶやいてます。
vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2009-04-15 22:49 | ローフード

<< 中野菜食カフェ 日記 菜食・ベジカフェメニュー  >>