<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

Vegetus 再び!   

次週12月4日(木)のウナカメラリーベラは、「ビーガンカフェ vegetus」が一日カフェで再登場です。前回好評だったヴェゲトゥス(と読むのだそうです)さんはお食事だけでなく、美しい盛りつけも魅力とか。今度はVHもお客さんとしてぜひごちそうになろうと、楽しみにしています。

師走に入りますが、まだ一週目、のんびりとしたひと時を過ごしたいですね。

Vegetable Heavenは、11日から年内いっぱいやる所存ですのでお近くまでいらした折にはぜひお立寄ください。
vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-29 17:15 | ベジカフェ日記

沢田研二ドームコンサート、そろそろ対策を。   

沢田研二氏の東京ドームコンサートまであと一週間だ。最近はNHK様のご協力で氏の映像を見る事が多いけれど、今ひとつ実感が湧いてこない。こうしていると、本当にコンサートへ行かなくなったなと思う。最後に観たのは誰だっけ?ああ、5年位前にNYのラジオシティホールで観たRoxy Music以来だ。ブライアンフェリーの次が沢田研二か。良い流れだなぁ。両者とも初めて知ったその日からン十年、ずっとわたしと共にある。きゃー!ではなくてじわぁーと感動。しかし、今回は5時間、80曲のコンサート。優雅に人生を振り返ってばかりもいられない。中だるみしないためにもそろそろわたしなりの対応策を検討せんと。

沢田氏は、40年のキャリアの人だ。今更氏の膨大な作品を全部把握することなど不可能なので、それはさっさ諦め、あまり良く知らなかった時代の事は、知ったかぶりせず、気楽に流す事にしよう!

いきなりだが、タイガースとPYG時代はぜんぜん知らないので最初から投げている。そうは言っても80’sのタイガース再編成は知っているので、ここでリバイバルされた程度で何とかするさ。後はアリーナ前方に陣取っているおねーさまがたにおまかせ。

ソロ活動開始時からダーリングまで。ビートルズ一辺倒の超生意気な小学生だった私は、ダーリングを唄う氏を熱にうなされながらつけたテレビで偶然見るまで、全く知らなかった。ただ知らなかったのはわたし位で、氏は既にアイドルスターの地位を確立していて、ラジオなんかでもガンガンかかっていたはず。きっと何曲かには、「この曲なーんか聴いた事ある。なにぃ!これって沢田研二の曲なの?」などと当日会場でまぬけにおったまげるだろうが、それも一興だろう。もちろん、ベストアルバムに収録されていたり、後も氏が好んでコンサートで取り上げ続けているような曲はちゃんと把握して。

ターリングからTOKYOまで。この当たりまでは、未だテレビのおもしろい人という認識止まりだった。だからアルバムの曲はほとんど知らない。ここも深追いせず、当時の沢田研二センセーションを思い出しつつ、異様に盛り上がる(であろう)周囲を観察して楽しもう。

さー、来た来た80年代、わたしの時代。「新しモン好きの沢田研二」と言われた位、新しいアーティストを次々起用して、EXOTICSを従えてかっこ良く、かつアーティストな沢田研二を印象づけた時代。個人的には満点取る自信もあり、盛り上がる事間違いなしだが、今の沢田氏はこの頃をどう見ているのだろうか?とふと思ってしまう。最近のライブではあまり取り上げていない時代。今回「晴れのちBlueBoy」をという声は多いけれど、バンド編成も当時とは全然違う。やってくれれば最高に嬉しいけれど正直あまり期待していない。ただ、この時期だけのファンもいる程、印象深い楽曲とパフォーマンスで埋め尽くされた時代なので、アレンジを変えてでも良いので、ぜひ「あー、久しぶり!」という選曲を期待してます。

そして、手痛い取りこぼしの90年代が来るのです。セールス実績はともかく、ある意味氏の活動がもっとも充実していた頃だった(みたい)。私が氏のライブを最後に見たのが25周年の武道館ライブ。アルバムは「パノラマ」で一旦途切れる。そして東芝EMIから出していたこの期間の作品は、現在廃盤で手に入れる事は不可能。仕方ないのでDVDを2本購入。当時のライブ映像で現在予習中。しっかし、凄いんだな、これが。今の沢田氏とはまた違う。40代の氏は未だキンキンに尖っていて、正に何かに挑むように歌いまくっていた。意地の悪い見方をすれば「最後の悪あがき」になるのかもしれないが、そう切り捨ててしまうにはあまりにも美しく、カッコイイ。が、1週間後にこれを期待してはイケナイので、映像は後日ゆっくり楽しむ事にして、今は曲のお勉強に集中。それにしても。「我が人生に悔い無し」を座右の銘にして生きて来たわたしでも、「なんで、バリなんかに行ったんだ!」という思いがふとよぎる週末であった。

2000年に入っても日本に居なかった時期があり、手薄。ただ、今世紀に入って沢田氏は丸く穏やかになった。たとえリアルタイムで聴いてなくても、良い曲はいつ聴いても良いと感じさせる、秀作に既にいくつも出会った。だから、あまり心配せず、当日その場で気に入った曲に反応して楽しもう。ある意味5時間の中で一番安心して聴けるのが今世紀に入ってからの曲なのではないか。やっぱり、沢田研二は「今」が最高なんだ!

と言うわけで、最終的には、力まず沢田さんまかせで、見せていただくものをお腹いっぱい堪能するのがよかろう、という結論に達しました。
後は当日までへらへらして過ごすのみ、です。ヘラヘラ。。。。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-25 10:26 | Life with Music

中野菜食カフェ 日記   

11月20日(木)
2週間お休みをいただいたカフェへの復帰でした。とっても寒い日でお客さんは少なめでしたが、予約をいただいたお客さんとは楽しくおしゃべりしたりして、ほのぼのモードでした。
NYに居た時に、プライベートシェフというお仕事が結構あるという事を知りました。日本では考えられない事ですが、お料理が苦手な人や忙しい人が料理人を雇って家に来て代わりにやってもらうのです。ご立派なシェフじゃなく、むしろ学校を出たばかりの新人料理人を気軽に雇っている感じで、わたしの学校にもよく問い合わせが来ていました。気の合わない相手だとトラブルになる事もあるでしょうが、基本的にお料理を作る者にとっは食べる人の喜ぶ顔が仕事への喜びになるので、クライアントの希望を聞きながら料理をするのは楽しいものです。カフェに予約が入る事はほとんど無いのですが、2〜3日前までに連絡をいただくと、ご希望などうかがってプライベートシェフのような事をやっています。お気軽に利用していただければ、うれしいです。
<お食事>
エリンギ+ピーマン厚揚げのしょうゆ煮
ひじき+かぶ+マカロニのサラダ
ごぼう+れんこんのスパイシー炒め物
ウーロン茶ごはん
<Sweets>
サツマイモクリームとナッツクランブルのオーブン焼き
b0131574_23332059.jpg
好評の手作りコースター。何も考えず思いつくままに刺繍をするつもりが、結局「何も考えない」を考えるというツボにハマり大変でした。∴ お褒めいただくとうれしくって、つい自慢したくなり。。。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-24 23:54 | ベジカフェ日記

ローフード愛好会Club R12月ミーティング   

Club Rは、話題のローフード(Raw Food)を、私たちの食環境に取り入れて楽しもうという会です。アメリカのローフードカフェで働いた経験を持つリーダーと簡単なローフードを作る料理教室(試食会?)です。ローフードに興味のある方たちといろいろ体験を交換し合う事もできます。

内容:頑張りすぎないローフード
   寒くなってきましたので、ローフードにちょこっとの加熱も取り入れて
   作ってみましょう。
   
日時:12月8日(月)19:00〜20:45

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター 料理室
   (JR中央・総武線 阿佐ヶ谷駅より徒歩2分)

参加費:3,000円(材料費込み)
締め切り 12月1日(月)

お申し込み/お問い合わせは下記まで直接お願いします。
veggieheaven@jcom.home.ne.jp
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-19 08:00 | ローフード

タコスがよいの!   

紀ノ国屋インターナショナルで、素敵なものを見つけました。
b0131574_23544356.jpg

手作りタコスキットです。タコスと言えば、日本で受け入れられている数少ないメキシコ料理の一つですが、それもおせんべいのようなハードシェルタイプが主流。マサハリナというとうもろこし粉を水で練って平に丸く伸ばして、チャパティ程度の硬さにフライパンで焼き、具をはさんで食するソフトタイプをわざわざ作って食べているのは、アメリカかメキシコで暮らした事のある人位じゃないかしら。チャパティや春餅とコンセプトは似ていますが、両方とも小麦ベース。とうもろこしを使うタコスには他に無い素朴で温かい味わいがあり、これはハードタイプでも出せない。

キットには生地を伸ばし易いようにビニールシートまで付いていて、かわいらしいイラストのレシピはタコスシェルだけでなく、具材やサルサソースの作り方までサポートしてくれるので、初心者でも安心だ。

手作りタコスはこれまで沢山作ったけど、日本では普通のコーンフラワーしか手に入らず、これでやるとちょっと苦みが出ていつも「ん??」と不満でした。それがこのキットで作ったら、苦みもなく本当においしかったので、もしかしてマサを使っているのかしら?とうれしくなってしまいました。とうもろこし粉としか表記がなく、実際の所は不明ですが。
b0131574_23542938.jpg
今日はシンプルにピント豆のリフリートとレタスにトマト。極シンプルかつオーソドックスです。うん!決めた。今年最後の菜食料理教室はみんなでタコスを作りましょう。(後日ご案内します)
最後に、この素敵なタコスキットを作ってくださった「タコス鈴木」さんのサイトもみんなでおじゃましちゃいましょう!お名前が素敵ね。
inokuniihttp://www.okusawa.jp/a-mano/index.htm
vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-19 00:04 | 日々のお食事

風邪ひけば、インド料理   

風邪撃退食は、ひとそれぞれ。とにかく結果オーライで、治れば何でも良いだけにお人柄が忍ばれるメニューになるというわけだ。
b0131574_2337352.jpg

胃がやられていない風邪ならば、南インドのトマトスープ「ラッサム」。わたしはこれで治します。いつもより、にんにくや胡椒を多く入れてムング豆と一緒に煮込む。ま、言ってみればインド風トマトおじやかな?チリパウダーはその時の体調にもよるけれど、案外しんどい時ほど過激に走る傾向があるみたいです。声帯がちぎれそうだとか言いつつ、のどを引っ掻いていくようなとうがらしの辛さを、サディスティックに喜んでいたりして。でもスパイスどうしのバランスだけは崩しちゃ駄目ね。病気の時だって、いいえ、病気の時こそおいしくいただきたいですもの。その代わり、おかずのサブジはココナッツファインを使いマイルドに。少し元気になった段階ではチャパティも登場、結構豪華な病人食に。たまたま新宿でアタを買ったばかりだったので良かった。
b0131574_23365075.jpg

そして、ビルエバンスのように静かに、じわぁーっと入って来る音を聴きつつ食します。目を潤ませ、鼻をすすりながら辛さに耐えて、「お願いだから、もう出て行ってね。」と丁重に丁重に風邪君にお引き取り願うのです。と、突然ゾクッとしてハァークション!あー未だ駄目かと、がっかりするけれどこれを根気よく繰り返すと、ゆっくりと元気が戻って来る、くしゃみも減る。ふと外の空気が吸いたいなと思ったらもう笑顔になっている。ちなみに、鼻はまだ真っ赤だが。
b0131574_23363868.jpg

やっぱりインド料理は心の友。長く静かなる戦いは終わったのだ。この冬はもうこれ以上風邪などひかないからねっ! vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-17 23:48 | 日々のお食事

風邪ひけば、「Life with ジュリー」   

わたしには、菜食にして何が良くなったかというと、風邪ひかなくなったこと。自信を持ってそう言い切れるものの、たまーにひくとえらい事になってしまいます。何しろ何年に一度の風邪だから、すごく大変に思えて実際の症状だけでなく心身共に影響を受けてしまうのです。ちょっと喉が腫れてもすごーく痛く感じるし、大した熱でもないのに頭が割れそうな気がします。おまけに、普段ぜんぜん使わない薬を使うと効き過ぎでボロボロになってしまう。胃が痛くなったり、眠れなくなったり、妙にハイになったりと。そんなわけで、本来ならば楽しかった旅行の後片付けといきたい週末ですが、ひたすらお布団にこもっています。ヘンな時間に寝てしまうので、夜がなかなか寝付けず、そんな時は布団までMacを持ち込み、YouTubeで沢田研二氏の追っかけやって、夜中にへらへらしてますぅ。最初はこんな事は氏に対する冒涜だと思って極力見ないようにしていたのですが、特にわたしが日本を留守にしていた90年代、わたしの知らない沢田研二はテレビと決別し、そのエネルギーをすべてステージにぶつけて、それはそれはどえりゃぁーライブをやっていたのだと今更に知らされ唖然、呆然、あ、鼻水が。。。状態です。かみすぎて真っ赤になった鼻、うるうるの目は感激と一緒に収拾がつかないぐちゃぐちゃ顔に。「ごめんなさい。」とお詫びしつつ無くしていた10年を急ぎ取り戻しています。今年は還暦とかで、再評価の気運もあり最近は沢田研二のファンと言ってもいじめられる事は無いみたいなので、この際カミングアウトしちゃいます。わたくし80年代から今日まで沢田研二ファンです。12月のドームも行きます。はい。vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-15 11:01 | Life with Music

福岡の秋空の下 2   

1週間の滞在でしたが途中から急に寒くなり、九州と言えども、もう冬です。昨日あたりから、ちょっと風邪気味です。海に近いわたしの家など大げさでなく東京より寒いです。
b0131574_17164744.jpg

風邪をひく前は、ホームパーティで久しぶりにいろんなお料理を作りました。今回はお得意のメキシカン。乳製品も少し使ってノンベジの家族にも楽しんでもらえるメニューにしました。個人的にはコーンミールブレッドが好きでした。
b0131574_17172812.jpg

ウェブなど見たのですが、福岡にはあまりナチュラル系のお料理教室が無いような。マクロビのお教室ですら見かけませんでした。こんなに食材が豊富なのに残念!なんだか福岡でお料理教室やりたくなりました。福岡の方で、ローフードや菜食料理で遊んでみたい方、いらしたらぜひお声をかけてください。参上いたします。
b0131574_1717880.jpg

福岡は今かわいい雑貨のお店がいっぱい!東京よりのんびりゆっくり見れるのですごく楽でした。お母さんとふたりの娘さんが、編み物や縫い物の役割分担をしてハンドメイドの小物や服を売っているお店も近所に登場!素敵な手編みのセーターに心が揺れました。ちょっと見は、子供の頃から変わらない商店街ですが、実は着実に変化しています。近郊農家のおばちゃんの八百屋さんとおしゃれなお店が混在するのが魅力の我が街西新。また、来るねと言ってしばしの別れを惜しんできました。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-11 17:35 |

博多の秋空の下   

福岡からです。楽しみにしていたNY旅行は潰れてしまったのですが、せっかくカフェの代役も見つかったし、ちょっと気分転換に育った街に戻ってきました。今日の福岡はとってもきれいな秋空。

福岡と言えばお魚が有名ですが。お野菜や果物だって良いし、安い。昨日もさっそく昼間っから飲んで食べての宴会モード。でも最後に恐る恐る伝票に目をやると思わずうっそぉ!と叫んでしまう程のお値段で。幸せ度x満腹度xお値段の公式が東京の1.5倍!?最近では郊外のカフェの充実度もアップしていると聞くので、おニューのデジカメ持ってお散歩に出るのが楽しみです。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-05 10:07 | 雑感

さてどうしよう?   

久しぶりに酵母液が出来上がりました。b0131574_014027.jpg
今回は、アメリカで見つけたドライグースベリーを使いました。グーズベリーってとってもマイナーなベリーみたいです。私が居たNYやシカゴではほとんど見かけなかったし、あってもすごく高価だった記憶があります。一度パイをつくりましたが、薄緑の球体がかわいくて、ベリーのわりにはブルーベリーなんかより酸味が少なかったように覚えています。しかし、ドライは見た目から全く違って、ほとんど真っ黒。そのまま食べると味が濃すぎて胃がもたれたので酵母にしてみたのです。出来上がった酵母液はレーズンみたいだけれど酸味は少なく、なんか深煎りコーヒーみたいなコクもあり不思議。そしてびっくりしたのが、実がおいしくなっていた事。普通酵母が出来ると元の果物はカスカスになってしまうのに、つまむと美味しい。これでりっぱなローフード一品??とりあえずサイダー割りにしてシュワシュワ楽しみましたが。甘味を加えてグラニテを作るか。なんか素敵なドレッシングが出来ないかなぁ。などなど酵母液はこうして何を作るか悩んでいる時が一番楽しい!

だけど、明日からわたし旅行なのですよ。このタイミングの悪さ。ちゃんと逆算して作り始めたのだけど発酵に予想以上に時間がかかってしまって。ここが天然ものの辛いところ。冷蔵庫に寝かしておきますが。帰るまで元気を保っていてくれる事を願いつつ、旅路でゆっくり何を作るか考えることにします。vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2008-11-04 00:11 | ローフード