<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

中野菜食カフェ 日記   

2月26日(木)
私の願いも空しく、さむーい1日でした。
でもきのこのクリーミーリゾットがおいしく感じられる日でもありました。お外が寒いせいか、ゆっくりと時間を過ごして行かれる方が多かったです。おかげさまで、お食事よりスィーツの方が人気でした。

b0131574_11482197.jpg今日のスコーンは、初めてイーストで膨らませてみました。生地を2日程熟成させたので美味しさも断然アップ。それからバターの代わりにココナッツバターというものを使ったのですが、これも良かった。何しろバターの2/3位分量でバターと同じ風味やしっとり感が出せるのですから。ヴィーガンスィーツの強い味方です。イマイチ、かまぼこみたいに写ってしまったのが悲しい。。。

そう、昨日は写真が受難の日でした。結構ヒマな時間があってゆっくり撮影出来たのに。沢山撮った写真がほとんどゴミ箱行きという悲惨な結果でした。お客さんにプロのカメラマンが二人もいらした日だったので、オーラに負けてしまったのかしら。ブレブレの写真ばっかり。

お食事のにんじんサラダ。カフェの定番サラダですが、個人的に一番好きなローフードメニューでもあります。美味しいにんじんさえあればそれで充分。昨日のにんじんは、その意味でも優等生でした。
b0131574_11483464.jpg


NEWS!
3月3日、今度は火曜日のウナカメにお友達のVegetusが登場します。前回も大好評だったVegetus。今回も楽しみです。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-27 12:01 | ベジカフェ日記

菜食・ベジカフェメニュー 2月26日   

今週はお天気悪いですね。わたしは、このところ新しいスィーツのレパートリー開発に余念がありません。デビューまでもう少しお待ちくださいね。さて、26日(木)のカフェメニューです。お日様は諦めるとしても、寒くなりませんように。vh-j

お食事:
きのこのクリーミーリゾット
豆腐のカレー炒め
野菜のシンプルソテー
にんじんサラダ
バゲット

スィーツ:
ヴィーガンスコーン

*食材入手の都合上メニューが予告なく変更になる事があります。
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-25 05:37 | ベジカフェ日記

ニットカフェ作品展??   

じゃーん!
b0131574_1130928.jpg

カフェの空き時間でせっせと編んでおりましたベストが完成いたしました。
久しぶりに自分物が作れてチョー幸せです。それにつけても、やり出したら止まらないのが編み物。早速次回作とその次までの毛糸を購入。しばらくは自分のワードローブ作りに燃えちゃいます。


カフェでは、3月いっぱいまで「ニットカフェ」と称して14時から17時の間に、編み物を楽しみながらTea Time Setをオーダーしてくださった方に、お飲物のおかわりをサービスしています。編み物好きな方、ぜひカフェVegetable Heavenに遊びにいらしてくださいね。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-21 11:31 | ベジカフェ日記

中野菜食カフェ 日記   

2月19日(木)
開店時は、春を思わせるぽかぽか陽気。お客さんもドッとじゃなくて、ぱらぱらと連続的に入ってくださり、昨日は粛々と営業していました。
不思議な事に、この日は久しぶりに見かける顔が次々にご来店。お元気でしたか?と声をかけたり、「思い出してくださってありがとう。」と心の中でお礼を言ったりでした。わたしは、あまりスピリチュアルな人ではないのですが、こういうのって単に偶然とは思いたく無い、うれしい気分でした。

お食事の方は、自家製の米ぬかふりかけが大好評!無農薬の玄米を買って5分づきにしてもらっているのですが、時々ぬかもいただいてふりかけを作っていました。でもカフェで使うのは初めて。から煎りしたぬかにしょうゆとみりん、おろしたしょうがを入れた液体を入れてさらに煎り付けて、半ずりにしたごまと一緒にするのです。新鮮なぬかは本当に香ばしいので、ごはんがいくらでも食べられちゃいます。そんなわけで、本日は学食みたいにちょっと多めのごはんにお味噌汁も添えて。豚肉の生姜焼きは無かったけれど、根菜のグリルやかき菜のガーリックソテー等がおかずでした。

そして、これがスィーツ。b0131574_14564613.jpg「紫いものテリーヌ風、平たく言えば紫いもようかん」。別名「紫いもようかん、おしゃれに言えば紫いものテリーヌ風」です。今回は、実家の庭で穫れたレモンで作った天然酵母液で紫いもを茹でて作りました。さすが天然酵母。お芋はとっても個性的な色になって、レモンの良い香りもしっかり入りました。そして、酸味と絡まってお芋の甘味も上手く引出されました。500gのおいもに使ったお砂糖は、大さじ1。酵母液を少し入れすぎて、このまま出すとちょっと酸味が気になる方もいるかな、と思い上からシロップをかけて甘味を足しましたが。昨日がデューでしたが、色のイメージよりもずっとさっぱりした上品な味で、お気に入りのスィーツになりそうです。vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-20 15:05 | ベジカフェ日記

途中下車もまた楽し   

2週連続で金曜カフェのお手伝いをしたおかげで、すっかり仲良くなったPさん。
武蔵境に素敵なパン屋さんがありますよぉ、と教えていただき早速ネットで「パサージュ・ア・ニヴォ」をチェック。

駅から1分、しかも朝8時からやっている。諸般の事情は理解できるけど、日本のパン屋さんの開店時間が遅すぎるのに日頃から不満ぷんぷんのわたしにはうれしい。
早速昨日、図書館に行く前に途中下車してみる。さすがに開店30分ではショーケースに並んでいる品数は少なかったけれど、焼きたてバゲットはちゃんと籠に刺さっている。「バゲットの上がり時間でお店を開けているんで。他の商品は徐々に」と店長さん。いえ、いえ、これで充分。これが、うれしいの。近くには緑の看板のコーヒーショップもある。久しぶりに、禁断の朝ご飯でいこう。
初めてのお店なのでパン・オ・レザンもお試しにいただいて外に出る。

急に寒くなった朝の風と懐にかかえたバゲットの温かみがうれしい。ふとNYの朝を思い出して、袋からバゲットの頭をひっぱりだして、手でちぎって口にほおばる。焼きたてだから簡単、そしてなんて美味しい!しっかりとした生地と程よい塩味、ばりばりの皮。バゲットの3チェックポイントは、完璧なバランスでした。「歩きながら食べるなんて、オギョーギ悪い!」と叱られそうですが、これはもう冬の朝の儀式みたいなもの。NYのパン屋さんだとコーヒーも一緒に売っているので、大きな仕事バッグとパン、コーヒーカップの3つを器用に持って歩きながら食べてる人、ビルの前の石段に腰掛けて食べる人、みんな見慣れた朝の風景のひとつ。わたしは、近所のコーヒーショップに入って1時間ほどお仕事の下準備をしながら至福のひと時を過ごし、久しぶりに遠い日を思い出してしまいました。
b0131574_9173029.jpgこれが、家の近所にあると行きすぎちゃって、そのうちときめきも消えてしまうだろう。ちょっと先の駅でわざわざ途中下車するから楽しいイベントになる。こういういたずら場所を隠し持っていると早起きも、面倒くさい図書館の調べ物もイケイケになる。単純と言えば単純だけど、わたし単純な人ですから。。。vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-18 09:22 | 日々のお食事

菜食カフェ 2月19日(木)のメニュー   

今週は、

お食事:
温野菜と黒酢ソース
菜の花とエリンギのガーリックソテー
お味噌汁
五分づきごはんwith米ぬかふりかけ

Sweets:
紫いものテリーヌ風平たく言えば紫いもようかん?

を予定しています。今週も良い出会いがありますように。

*食材入手の都合等からメニューが予告なく変更になることがあります。
vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-17 23:42 | ベジカフェ日記

中野菜食カフェ 日記   

先週も木&金と続けてVegetable Heavenがウナカメに入りました。そして、両日とも沢山の方にお越しいただき、大変感謝しています。おかげさまで、完売、完売。お断りした方も多く、申し訳ありませんでした。

12日木曜日は、インド風。と言っても今回はシンプルにしたはずなのに、すごく仕込みに時間がかかり、開店ぎりぎりまでキッチンでカリカリしておりました。炒めたりすり下ろしたりとやる事があったせいかな?それとも運動神経鈍くなったか。とにかく朝からずっと働いているのに、なんでいつまでたっても完成しないのぉ?と思わす涙が。。。
b0131574_16879.jpg

確かにインド料理は大雑把なようで、実はいろいろと神経を使わなくてはいけない事があり、見かけより手間もかかり、そこがまた魅力なのですが。今回は大ブレーキでした。これが尾を引き、なんだか一日中ひとりで焦ってばたばたしてしまいました。

sweetsは、甘酒をベースにクレームブリュレ風のお菓子でしたが、抹茶風味にしました。これ良かったです。甘酒をヴィーガンスイーツに使うのは、定着してきましたが、やはりあの独特な甘さと香りが苦手という方は、未だ多いですね。しょうがを入れるのも良いですが、抹茶も苦味が上手く働いて癖のない甘さに調和してくれます。ただちょっとsweetにしてはくすんだ寂しい色になるので、もう少しデコレーションを工夫しなきゃと思った次第です。

13日金曜日は、いつも金曜カフェが仕入れている天然酵母パンを生かしたスープメニューにしました。開店と同時に沢山のご来店。金曜日においしいパンが出るというのを、ご存知なのですね。あっという間にパンは売り切れ。あわててご飯を炊いて前日と同じ、黒ごま入り混ぜご飯に。
b0131574_1681866.jpg


この日のsweetsは、パンと同じ甘酒から起こした天然酵母をベースにしたパウンドケーキ。これも金曜カフェさんの仕入れ。バレンタインデー直前と言う事で、ココアマーブルになっておりました。

嵐のような2日を終えて、週末は完全放心状態。うわごとのように、「誰かわたしにチョコくれー!」とつぶやきながら借り貯めたDVDを見て過ごしました。
来週こそは酵母カフェ復活でしょう。やはり2日連続はチトキツいと、思ふお年寄りj子であります。
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-16 16:25 | ベジカフェ日記

菜食カフェ:2月13日(金)のメニュー   

突然ですが、金曜日カフェの方の復帰がまだ無理と言う事で、明日13日(金)もウナカメは、カフェVegetable Heavenの営業となりました。明日は、

お食事:
根菜スープ
ブロッコリーとじゃがいものサラダ
いんげんのごまよごし
たまねぎのチャツネ
天然酵母パン

Sweets:
酵母パウンドケーキ
*食材入手の都合でメニューは予告なく変更される事があります。

都合により営業時間は12:00から19:00までとなります。

vh−j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-12 05:19 | ベジカフェ日記

つつがある日々の、つつがなき時   

a day in the life of Palestine ーパレスチナのつつがある日々ー
カフェで片付けをしていた時、ふと見つけたDM。タイトルに惹かれて即行く決意。
  
「つつがない」とは、病気や災害なく平穏無事な日々を送る事。で、その反対。さぞや悲惨な写真もあるのかと思いきや、明るく、人間味あふれる穏やな表情の数々。そしてかわいらしい笑顔もある。わたしはタイトルの写真、バイクファミリーが好きだった。バリなんかでもよく見かけた光景。とうさんの背中にくっついて家族全員串団子状態でお出かけの図。これは。。。みな、ささやかなつつがなき日の一瞬を切り取ったものなのだろうか。

想像しても想像しきれないほどの、悲しみと苦しみ、怒りと恐怖の中にあっても、その間をかいくぐるようにして生活し、学び、生きる人々。生きている喜びを感じている瞬間に見せる表情はどれも美しく、たくましい。繰り返しやって来る暴力とささやかな平穏の間で生き抜くことが出来れば、それが彼らにとってはつつがないを意味するのだろうか。

報道される民間人の犠牲者数、壊れた街の映像に心痛め、「またかよぉ、もういいかげんにしろよ!」と怒り叫んでも、どこか諦めてしまっていたかもしれないわたし。けれども、あの悲惨さの中にさえ人々の生活はあり、彼らは生きている。その美しさに安堵に近いものを感じ、後はめちゃめちゃイケてる会場のレストランの料理を満喫して帰路についた。

そして。。。。
部屋に戻って、会場で渡された展示の案内書を読み、震えた。
13歳の少女が、通学途中に15発もの弾丸を打ち込まれて死ぬなんてことは、やっぱりあって良いはずがない。そんな恐怖と突きつけられた銃口をかわしながら生き延びることが、つつがない暮らしと言えるわけがない。つかの間の安堵はまた、大きな痛みへと変わっていった。

写真はどれも、見ているこっちが逆に励まされるような笑顔、楽しい気分を伝えてくれる。だが同時にそれは、読み上げられる数字の向こうにある「顔」である事も教えられる。数字の中にどれだけ沢山のイマン•ハムス(少女の名前)がいた事か。彼女だけでない。彼女が最後じゃない。そう感じるだけでも、遠く離れたこの国に居る私たちには貴重な体験だと思う。そもそも、人が人に銃口を向けることに、何の価値があるのか。写真の顔の中には、もうこの世には無い顔もあったかもしれない。会場では考えもしなかった事が頭をよぎり胸がいっぱいになった。諦められない。

2月15日(日)までですが、ぜひいらしてください。まずは、彼らに会いましょう。
ついでに。会場のレストランは大人気ですから、食べたい方はあらかじめお電話された方が良いですよ。
ちなみに、アゲアゲのレストランのお話はまた、後ほど。to be continued. vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-11 20:29 | 雑感

菜食カフェ:2月12日(木)のメニュー   

今週はインドっぽいですが、実はぜんぜん辛くないです。ラッサムというトマトスープだけが少し辛いかな?にんにく、トマトスープと思ってくだされば良いかと。我ながらいつも長い名前のお料理と呆れております。

お食事:
インド風黒ごま&アーモンド混ぜご飯
菜の花のカレードレッシングおひたし
トマトラッサム
たまねぎチャツネ
チャパティ

Sweets:
甘酒クリームの抹茶クレームブリュレ風

*食材仕入れの都合上メニューは予告なく変更される事があります。
*全て植物性食材のお料理です。
[PR]

by veggieheaven | 2009-02-10 16:21 | ベジカフェ日記