人気ブログランキング |

全曲知ってたもーん!   

毎年新しいアルバムを作り続けている沢田研二氏のレパートリーは、膨大な数。わたしなんて、まだまだ全部は聴いていないです。「長さじゃねぇよ、密度だよ!」と日頃はエラソーな事言ってるけれど、「40年一緒に生きてきたわよ!」と胸を張るおねーさま方に比べたら、曲の把握率70%強かなぁ。80曲やるって時は「そりぁ無理でせう。」と最初から開き直ったし、あれだけの曲数の中では初めて聴く曲があってもそれはかえって新鮮。ギアチェン効果で中だるみ防止にさえなった。でも今回は「たった」20曲ちょいしかやらない普通のライブ。1曲目から総立ちがお決まりの沢田さんライブで知らない曲が何曲もあったらやっぱり悲しい、ってかすごい損した気になるじゃないですか。そう思うと日が迫るにつれて、そわそわ。「知らない曲が多かったら嫌だなぁ」と4列目の左(下山サイド)という絶好位置を手にしているにもかかわらず、当日も朝から不安で落ち着かない。しょうがないから奥の手を使う。N.Y.で Roxy Music を観る為に買った、前も後ろも大きく開いた勝負服の「黒ワンピ」を引っぱりだし、気合いを入れ直して乗り込んだ。それでも、時間どおりに暗くなったステージに、沢田さんより一足先に登場した下山氏を見つけるまでは、こんな近くで沢田さんを観るなんて最初で最後かもしれないのに、棒立ち状態が続いたらホント最悪。。。とうつむいていた。そんな気分を一掃してくれた下山氏は、NHKの番組の時と同じ黒のスーツにおなじみのくしゃくしゃ頭。キャー!♥♥♥「まあ、良かった。私たちってお似合いねっ!」とやっと笑顔に。そう、ここまで来ちゃえば、やっぱり根っからのおバカを炸裂させて、なんも考えんと騒がなくっちゃね!!

ろっくんろーるまーちhey! hey! hey!
て事で、はい。約8ヶ月ぶりの生沢田研二さんでした。

ところが、ですよ。2曲3曲と続くとあれれ??な気分のわたし。だって、最近買ったばかりのdvdや、3日前に荻窪の図書館で偶然見つけたcdに入っていて、お勉強したばかりの曲が続くんだもん。そして「もしかしたら、ラッキーかも」が「コレはぜったいイケル」という、何の根拠もない確信に突如変わったのは、佐野元春氏の提供の名曲「すべてはこの夜に」の時。膨大なレパートリーから演目を選ぶのは、多分全く沢田さんの気分。お客の私たちはもちろん、多分バンドメンバーでさえも出されたセットリストを口を挟まず頂戴するだけだろう。なのに、わたしったらどうしちゃったのかしら?10曲目にもならない前に「ダイジョーブ。沢田さんとわたしの脳みそは今回完璧に”同期”している!」と1000%自信持っちゃって。そうなりゃもう後はこっちのモン。耳はダンボで沢田さんに向け、目はオニのように下山氏を凝視して、2時間半を一気に爆走?/暴走でした。Pleasure, Pleasure、そのキス、睡蓮。。。と続く下山ソロに金切り声をあげる「黒ワンピの女」は、「時の過ぎ行くままに」で号泣。だってぇ、アコギが。。。あ、いや、沢田さんも見てましたよ。ちゃんと。
(やっぱり把握率70%強かなぁ?)ま、その中身は、次回にゆずるとして。

それで。わたくしメの確信なんですけどね。ふっ、ふっ、ふっ。これが、なんと幻に終わる事なく。ほんとーヌ、ぜーんぶ知っている曲でしたぁ!やったね、どんなモンダイ!!ええ、そりゃね、全曲知っている人は他にも居たでせう。40年連れ添ってる人、沢田さんオタクの人、アルバムやDVDをぜーんぶ持っている人とかは。はっきり言って、わたし違いますもの。知ってる曲いっぱいやってくれますようにと願う事しか出来ない中、4列目を100%の外れナシでって、こりゃあ、やっぱりサイコーに嬉しいサプライズっすよ。ご理解いただけるかしら?会場を後にする時、結構耳にしましたよ。「今回は、知らない曲が多かったわぁ。」とか「勝手にXXX、時のXXX、 TOKIO以外はぜぇんぶ知らんかった。Boo!」(それはアンタの勉強不足!)とぼやく声。そんなおばちゃん達を蹴散らして、うつむき加減の入りとは打って変わって、朝青龍歩きで会場を出る私は「密度じゃねぇよ、日頃の行ないだよ!」とつぶやき、頭の中はすでに8月8日の小平で一杯でした。
フジロック、大宮、立川と超ハードスケジュールのせいか、今回イマイチ元気無かったように見えた下山氏。この次お目にかかる時は、いつもの様に頭ガンガン振ってキメてくれますよぉーに。

みなさまも、頭ガンガンにして(違うか)良き夏の思い出をお作りくださいませ。
vh−j

by veggieheaven | 2009-07-27 11:29 | Life with Music

<< 中野菜食カフェ 日記 7月30... ローフード・Club R 8月... >>