New York 冬物語り   

ご無沙汰しております。
今年は「facebook元年」と銘打って元旦からお勉強を兼ね、何かと言えば投稿して慣れる努力してる最中。おかげでブログの方がすっかりご無沙汰になっております。もう少ししたら両方バランスよく投稿できるようになるでしょう。何と言ってもfacebookはお友達むけ。広く多く方と繋がるにはブログはやはり必須と実感しておりますゆえ。

お正月休みを福岡で過ごし、戻ってからまた都会の冬景色を楽しんでいます。だけどわたしにはやっぱりN.Y.の冬景色が懐かしい。排水口から沸き立つ蒸気、コートで着膨れした大きな人達が肩をすくめて寒そうに足早に行き交う姿。手にはコーヒーショップのペーパーマグやサンドイッチやプレッツェル。寒いのはみんなイヤなのだけど、少し気温が上がると公園のベンチに座って新聞や本など読みたくなる。都会の冷たい空気もちょっとだけなら、かえってなんとなく気持ちいい。
そうそう。N.Y.の冬と言えば、泣かされたのがトイレですね。わたしが居た時からカフェやコーヒーショップのトイレはお客さん専用がほとんど。だからトイレに入る為にコーヒーを買うのです。で、最悪なのは、いざトイレに行くと「故障中」とかで使えない時。「なんだよぉ!ダメじゃんか」と店員にくってかかっても仕方ない。当たり前だけどコーヒー代も帰ってこない。急いで店を出てまた別のカフェを探さなきゃいけないわけ。新しいカフェではもちろんコーヒーも買い直し。未だ前の店のコーヒーが並々入っているカップを片手に持っているっつーのに。だけど、無事用が足せればそんな怒りも一応は治まる。せっかくだからしばらく本を読んでいこうって事にもなる。そして小1時間程して外へ出たらもう30分もしないうちにまたトイレ行きたくなるのよねぇ。。。だって外寒いもん。そしてまたカフェに入ってコーヒー買って、トイレ行ってを繰り返す。酷い時はカフェを出て1ブロック程でまたトイレ行きたくなった時もあった。

b0131574_1742624.jpg
こんなんだからわたしのような行動範囲が決まっていた人間は、行きたい本命カフェにたどり着くまでにトイレ用のカフェをいくつかキープしていて、そのうちどれがトイレだけ貸してくれるかも把握していましたよ。わたしは「マンハッタンは歩く」の人だったので、何処へ行くのも何ブロックも平気でドカドカ歩いていたけれど、この劣悪なトイレ事情にはホントうんざりでした。しかし、最近読んだ記事では今やマンハッタン全部のカフェがトイレだけ貸すことはしないそうな。あらら、これは痛い!以前は少しはあったんですよ、良心的な所が。冬のマンハッタンのお散歩がますます過酷なチャレンジになってしまうではないか。あ〜あ。。。
最後にN.Y.に行ったのが3年前。それでもやっぱり、また行きたくなってきたな。

寒いN.Y.の冬は暖かいコーヒーとチョコレートブリオッシュが似合う。
バターたっぷり、チョコレートたっぷり、白い粉砂糖は理性が止めさせた。
けど、現地では当然「大雪の様」にドバッね。
[PR]

by veggieheaven | 2012-01-19 17:07 | 雑感

<< たまねぎパスタと驚愕のワイン 今年もよろしくお願い致します。 >>