りんごに「ん??...」と思ったら   

12月は一年の終わりの月だしクリスマスもあるせいか、みんなが温かい気持ちになる、分かち合いの季節ですね。
わたしも実家やお友達から果物をいただいて喜んでいますが、なにしろ食べられる量に限りがあるので、あれよあれよという間にりんごで籠がいっぱいになってしまいました。
そうなるとおいしかったりんごも傷んではいないけど「ン??」という味に。そこでこの際だから全部まとめて蒸しリンゴを作る事に。
ちょっと味の落ちたりんごや、水っぽさと蜜の甘さが気になるりんごに出会ってしまったら、ほんの少しの塩と一緒に無水鍋で煮ると良いのです。
焦がさないように火力を調節して煮ていると、余分な水分がどんどん出てくるので、これを一度切ります。(捨てなくてもこれはこれでホットアップルジュースにですよ!)
もう一度鍋に戻してさらに2〜3分煮たら、火から下ろして蓋をしてしばらく蒸らします。あら熱がとれたらちょっとつまみ食いしてみてください。驚くほどりんごらしい味が復活しているはずです。

ここに、お好みでお砂糖やレモンを少し足したり、シナモンを入れて混ぜて味をなじませます。後はこのまま食べてもいろんなお菓子に使っても良いのですが、おすすめは、アップルクリスプ。
b0131574_116219.jpgお好みのレシピでぽろぽろのクラムを作ってオーブンに入れるだけの手軽さです。りんごには火が通っているので、クラムが色よく焼けるまでの辛抱。
ここでアドバイスですが、リンゴの味がイマイチの時は、クラムのレシピをうんとおしゃれにすると助かります。ローストしたクルミを細かく砕いて入れたり、オートミールや全粒粉を小麦と混ぜてみたり。
もちろんリンゴにはレーズンも和えて。本当に最初の「ん??」を忘れる素敵なスイーツに再生しますよ。vh-j
[PR]

by veggieheaven | 2007-12-22 00:00 | 日々のお食事

<< 中野 木曜菜食カフェ日記:20... ナチュラル菜食料理教室 #15 >>